父は三度の脳梗塞で、全失語・車いす生活に。まだまだ辛い事が多いけれど、小さな日々の回復は、大きな幸せです。。
by elunar
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
お気に入りブログ
アスタ マニャーナ、また明日!
てづくりさんぽ
パパは認知症 fair ...
老いるとは?
母は・・・介護2
59才 バツイチ男の介護...
TALES OF DREAM
* excite 外部リンク *
カテゴリ
全体
これまで
車いすお出かけリスト
介護
病院
お出かけ
お義母さん
お義姉さん
仕事
リフレッシュ
家族
私のこと
MEMO
未分類
以前の記事
2008年 07月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


運がいっぱい付きました。(^_^;)
※お食事中、おやつ中の方は読むのをお控えくださいませぇ。(^_^;)※

朝、デイサービスに行く父の準備をほとんど終え、
二階の自分の部屋で仕事に行く準備をしていた時の事。

だんな様:「おぉぉい。elunarぁ。早く来てぇ。」と大きな声。

慌てて、「呼んだぁ?」と下に下りていくと、母が父のおトイレ介助中。
母:「elunarちゃん、お父さん、うんちしちゃったよぉ。」

父はトイレの便座に座りたいが座れないと言った具合に半べそ状態。
よく見ると父の足元と便座、おろしたジャージには、
ほやほやのウンチがどっさり。

ヽ(゚□゚;)ノ ぎょわぁぁぁ!!

慌てて母と交代。

私:「お母さん、おしり拭きたくさん持ってきてぇ?それから新聞紙。
  それからタオルと温かいお湯を準備して?」
右手に使い捨てゴム手袋をセットしながら、母に準備のお願いをする。

私:「おとぉさぁん、大丈夫だよぉ。きれいにしよぉねぇ。」と
気持ちを落ち着かせながら戦闘開始。

先ず床と便座に落ちたものをおしり拭きでふき取り新聞紙に移動、
それから父のジャージにこびり付いたものをおしり拭きでふき取り、
足やおしりも丁寧におしり拭きで拭き、その後仕上げに温タオルで拭き、
ゆっくりと便座に座らせる。

私:「おとぉさぁん、もう大丈夫だよぉ。お着替えしよぉねぇ。」

その状態で汚れた衣服を全て脱いでもらって、タオルをしいた車いすに移動してもらい、
きれいな洋服に着替え。

ちょうど、洋服を着替え終わった頃お迎えが、ピンポーン。
父は、何もなかったように、ニコニコとデイサービスに行きました。
ε-(´ー`*)フゥー

母に話しを聞くと、トイレに行ったもののウンチのタイミングに間に合わなかったらしく、
母が父のジャージを下ろした瞬間、
母の右手の上には柔らかくて温かいものが落ちてきたと。
その後父は、一度外したタイミングを阻止することも出来ず、
立ったままの状態で全てを終えたとの事でした。

ありゃぁぁ。。。。。

私:「おかぁさん、大変だったねぇ。。」

だんな様:「立ったままよく出来るなぁ。まるで動物園の象さんのようだったよ。」

母・私:「へっ?・・・・・・」
しばし沈黙。

母・私:「ぎゃぁははははははは。」_(≧◇≦)ノ彡バンバン
母:「お父さんに、いっぱい運をつけてもらったよ。まったくもぉ。」

母は、笑いながらご立腹してました。(^∇^)ノ彡☆
[PR]
by elunar | 2006-03-24 21:43 | 介護
<< はじめてのショートステイ先 今日はお任せ。(*^ー゚)v >>