父は三度の脳梗塞で、全失語・車いす生活に。まだまだ辛い事が多いけれど、小さな日々の回復は、大きな幸せです。。
by elunar
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
お気に入りブログ
アスタ マニャーナ、また明日!
てづくりさんぽ
パパは認知症 fair ...
老いるとは?
母は・・・介護2
59才 バツイチ男の介護...
TALES OF DREAM
* excite 外部リンク *
カテゴリ
全体
これまで
車いすお出かけリスト
介護
病院
お出かけ
お義母さん
お義姉さん
仕事
リフレッシュ
家族
私のこと
MEMO
未分類
以前の記事
2008年 07月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


さながら母は、
f0050903_982355.jpg
父と母に、色鉛筆を買ってきました。

それと、大人用の塗り絵と、
父のために、練習になりそうな物を
2冊ほどを一緒に買いました。

色鉛筆って、何となくわくわくします。
(*^_^*)
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
大人用の塗り絵は、父にはまだまだ難しそうです。

なので、母にリードしてもらいながら、一緒に楽しみながら、
少しずつリハビリになれるようにと、いろいろチョイスしてみました。

本当は、お手本を見ながら色を塗るという方法が、脳の活性化に役立つようで、
最終的には、父に塗り絵をしてもらいたいなぁと言う、
ほのかな期待感もあります。

もともと、右利きだった父が左手で字を書いたり、
絵を描いたりする事自体が難しい事で、
それに脳の後遺症も含めると、鉛筆を持って書くことは至難の業です。


手や足のリハビリに対しての意欲は、もう随分前から明確に出てきていたけれど、
STのリハビリで、机の上でのお勉強方式のリハビリには集中力も必要で、
父も、気持ちをそこまで持っていくまで、少し時間がかかっていました。


なので、当面は、母と一緒にお勉強が出来るようになる事が、目標です。

母が、「お父さん、ここをこう鉛筆を動かしてみて?」
こんな風に、父をリードします。

母も、このシチュエーションが楽しいようで、
帰宅すると、「今日は、塗り絵を少ししたよ。」と、話してくれます。

さながら、母は【 先生 】なのです。(*^_^*)

お父さん、運筆練習、がんばれぇぇ。

f0050903_2241814.gif*****************  Information  *****************

 ←← 外は殺人的暑さ。。。。外に出られませぇん。
[PR]
by elunar | 2006-07-15 10:46 | 介護
<< 精神的な? 明日の笑顔は・・・。 >>