父は三度の脳梗塞で、全失語・車いす生活に。まだまだ辛い事が多いけれど、小さな日々の回復は、大きな幸せです。。
by elunar
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
お気に入りブログ
アスタ マニャーナ、また明日!
てづくりさんぽ
パパは認知症 fair ...
老いるとは?
母は・・・介護2
59才 バツイチ男の介護...
TALES OF DREAM
* excite 外部リンク *
カテゴリ
全体
これまで
車いすお出かけリスト
介護
病院
お出かけ
お義母さん
お義姉さん
仕事
リフレッシュ
家族
私のこと
MEMO
未分類
以前の記事
2008年 07月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


半年過ぎたねぇ。
f0050903_21294759.jpg先週のはじめから、訃報が続いたり、
案件整理をしたり、
その後は、月末からの経理処理。
やっつけてましたぁ。(*^_^*)

がんばったご褒美に、だんな様が
母と一緒にお食事に連れてってくれました。
前菜、とっても綺麗でした。
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
先日、ふと気が付きました。

在宅介護がはじまってから、もう半年、過ぎたんですよねぇ。
正確には、7ヶ月ですねぇ。(*^_^*)

なんだか、とても早かったぁ。。


父が倒れてからずっと、本当にいろいろな事がありました。
7ヶ月の間に起こった様々な出来事。

 辛かった事。 
 楽しかった事。
 いっぱいがんばった事。

いろいろな思い出が、ふぅぅっと、よみがえって来ます。
私的に、一番辛かった時期は、父が倒れてから家に戻るまでの間の期間。

自分の想像以上に、状況の変化が激しく、
強い力で背中を押されながら、はぁはぁ息切れしながら駆け足で
走っていたような感覚でした。

この時期の事は、またブログで書き綴っていこうと思います。


それから、在宅介護がはじまって、
 「これから、どうなるんだろう。」と不安に悩まされながら、覚悟した日。

今、
7ヶ月が終わって、やっといろいろな事に慣れて来て、
介護が自分のライフワークとして、定着しそうです。

これから先の事を考えると、やっぱりいろんな意味で不安ではあるけれど、
あまり考えすぎない方が良いんでしょうね。きっと。


父が倒れて、辛い事もたくさんあったけれど、
良かったと思える事は、4人の家族が一緒に笑える日が確実に増えたという事。


母が時々言います。
「お父さんが家族がひとつにしてくれたんだよねぇ。」


しかし、現実問題として、介護は育児と逆。
だんだん大変になるのですよねぇ。。
でも、そんな事はなるべく考えないで、今出来る事、やるべき事をやっつけやっつけ
これからも、がんばりまふ。(*^_^*)

*****************  Information  *****************

 ←← 長い間ほっておいてごめんねぇ。育てわが子。(^_^;)
[PR]
by elunar | 2006-09-07 23:16 | 介護
<< 施設に思うこと。 秋の気配 >>