父は三度の脳梗塞で、全失語・車いす生活に。まだまだ辛い事が多いけれど、小さな日々の回復は、大きな幸せです。。
by elunar
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
お気に入りブログ
アスタ マニャーナ、また明日!
てづくりさんぽ
パパは認知症 fair ...
老いるとは?
母は・・・介護2
59才 バツイチ男の介護...
TALES OF DREAM
* excite 外部リンク *
カテゴリ
全体
これまで
車いすお出かけリスト
介護
病院
お出かけ
お義母さん
お義姉さん
仕事
リフレッシュ
家族
私のこと
MEMO
未分類
以前の記事
2008年 07月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


父の様子と母の気持ち。
f0050903_2245597.jpg
日曜日の朝、ショートに行っている父の様子を
見に行くつもりでした。

しかぁし、母から待ったが。。。。。。(^_^;)
「えるなちゃんが行ったら、お父さんまた泣くよ?
 今、行かない方が良いよ。
 また連れて帰るようになるから、
そっと、様子を見ようよ。」
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
そうなんです。
私は、前にも父を連れ戻した経験がありました。

このSouthさんにショートに行っている父の様子を見に行ったとき、
父が泣いていたから。。。。つい。。

結局、母からは、
「里心が付くから、あまり行くのはよそう?早く慣れてもらおうよ。」
そう言われました。

次のスケジュールからは私も、
父に早く慣れてもらうため、少し心を鬼にしました。


でも今朝、母は、父の事が心配で眠れなかった様子なのです。
当たり前だけど、心配なのです。
夫婦だから、家族だから。

反対に父が家にいる時も、母は、夜の間何度も起きて眠れないのです。
そうして、「次のショートはいつから入るの?」と、
次の父のショートを待ちます。
私と交替でしていても、目が覚めるのだけは、どうしようもないのです。
それに、心配だから目が覚める。

心と体は、別なのです。
心の中の思いは別の所にあっても、体が付いていかない。
母も、その事は良くわかっています。
「えるなちゃん。この先何十年。先は長いのだから続けられる方法でやって行こうよ。」
父を家でずっと看る事が出来るならば、それが一番ベストだけど、
母の体調と私の仕事を考えながらスケジュールを組むと、月2回のペースがベスト。
Flowerさんで月2回取るのは、予約がいっぱいで難しい。
他にもFlowerさんのような施設があれば良いのですが。。。。




私が、Southさんに疑問を抱いたのは、
 「父の荷物をずっと、カバンの中に入れっぱなしにされていた事」

本当に些細でたったこれだけの事なので、
「え?たったそんな事?」って思われそうですが。。。(^_^;)
私には、とても重要な事だと思えるのです。
体が不自由な人を預かる施設としては、
「大切なもの」が欠けているような気がしてならないのです。

荷物を整理して持ち込み分のチェックをして、
せめて、体の不自由な父が物を取りやすいように配置するなどの
配慮(心配り)が必要だと思うのです。
例えば、ティッシュケースを枕元に置くなど。。。
それが、かばんの中にずっと入れっぱなしだと、父は使うことが出来ないのです。

例えば、Flowerさんなら、わざわざ電話をかけてきてくれて、
「お父様が目薬を必要とされているようなのです。持ってきて頂けますか?」
言葉を交わせない父から、「目薬を必要としている」と言うことを理解してくれる。
これは、利用者の視点で物事を見てくれている証だと思うのです。

それでも、Southさんにはお世話になっていて、
父が信頼している方もたくさんいるのも事実ではあるのだけど・・・・・。

でも今、別の施設を探す事を検討しています。

*****************  Information  *****************

 ←← テニス肘。痛めて早2ヶ月。。。。治りませぇぇん。。。。(^_^;)
[PR]
by elunar | 2006-09-11 22:05 | 介護
<< お風呂デビュー。 施設に思うこと。 >>