父は三度の脳梗塞で、全失語・車いす生活に。まだまだ辛い事が多いけれど、小さな日々の回復は、大きな幸せです。。
by elunar
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
お気に入りブログ
アスタ マニャーナ、また明日!
てづくりさんぽ
パパは認知症 fair ...
老いるとは?
母は・・・介護2
59才 バツイチ男の介護...
TALES OF DREAM
* excite 外部リンク *
カテゴリ
全体
これまで
車いすお出かけリスト
介護
病院
お出かけ
お義母さん
お義姉さん
仕事
リフレッシュ
家族
私のこと
MEMO
未分類
以前の記事
2008年 07月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


旅行記
9月16日土曜日。いよいよ家族旅行の日です。

父は、不安がることもなく、とても楽しみにしてくれているようです。
朝、8時過ぎから、「もう、出かけるよ。」と、号令をかけています。
父は母とよく旅行をしていた頃、朝7時には家を出ていたので、無理もありません。

当初の予定は、11時ごろ家を出てアクアラインで昼食を取って、
それから、東京ドイツ村に行く予定が、ちょっと早すぎです。(^_^;)

父にせかされ、みんなあたふたと準備をして、8時半ごろ出発しました。
予定より2時間も早いよ。。。(^_^;)

アクアライン、東京ドイツ村と回って、お昼過ぎにはホテルに到着しました。

f0050903_17243448.jpg
アクアライン、何日か前まで天気予報が雨だったのが信じられないくらいの快晴です。
車椅子用のスペースに駐車させてもらって、エレベーターで移動しました。
アクセスフリーで、移動が楽でした。



f0050903_17245767.jpg
東京ドイツ村のゲートです。
ここに来たのは初めてです。
広大な敷地に、お花畑・観覧車・パターゴルフ・大きな芝生ゾーンなどがあって、お弁当を持った家族連れが多勢来ていました。
園内は、車で移動するのは、とても助かりました。



f0050903_17251431.jpg
広い芝生の上で、一休み。
一面を見渡せる頂上のところで車椅子を止めてパチリ。
この先は、一気に坂になっています。
駆け下りると気持ちよさそうです。
車椅子だと危ないねぇ。。。(^_^;)



f0050903_17252858.jpg
ドイツ村の建物をバックにパチリ。
芝生の緑と、空の青さがとてもきれいでした。
お花畑には、コスモス・サルビアが咲いていました。
きっと春に来ると一面お花で埋め尽くされるのでしょう。



ドイツ村を後にして、ホテルに向かいました。
チェックインの時間までまだ間があったので、少し休憩室で休みました。
どこからもオーシャンビューで、父は飽きることなく海を眺めていました。

チェックインの手続きが終わって、ホテルの部屋について直ぐ、
父のベットメイキングの準備とオムツのセットを出しておきます。
これだけやっておけば準備万端です。

少しゆっくりして、お茶を飲んで室内風呂で父のシャワー。
   お風呂場に、シャワーチェアー。ちゃんとおいて置いてくれています。

それから、浴衣に着替えてもらってベットで少し休んでもらいました。
母も疲れた様子です。
アクアラインと東京ドイツ村に行っただけで、それほど強行スケジュールではないけれど、
慣れない事ばかりなので、仕方ないですね。(^_^;)

夕食までの間、父と母が休んでいる間、私とだんな様はお風呂に行くことになりました。
ホテルに着いて直ぐ、父はお手洗い(大きな方も。(^_^;))済ませたので、
先ず大丈夫でしょう。

と、安心してお風呂に行ったが間違い。20分くらい経って呼び出しが入りました。
館内放送です。
ベットから落ちたんじゃないだろうか。。。と、頭の中は最悪モード。

エレベーターを降りると、そこに父がいました。
母に聞くと、「えるなちゃんたちが行った後、お父さん直ぐトイレだって言うんだよぉ。」
福祉用トイレは、少し遠いので、部屋のトイレに挑戦しました。
先ず真っ直ぐ便座の真っ直ぐ前に車椅子を付けて、その位置に父に立ってもらいます。
トイレドアのレバーを手すり代わりに使って、
そのまま立ってもらった状態で車椅子を引きます。
それから左足(利き足)を軸にして、抱きかかえるように回転してもらって、便座に座ります。
(^_^;)我ながら良くやったと思います。


そうこうしている内に、夕食の時間です。
海が良く見える場所に席を取ってもらって、ゆっくりお食事をしました。
ちょうど夕日が落ちる場面も見ることが出来ました。

少し散歩する事になって、この間に母はお風呂でゆっくりする事に。

だんな様が、父をお風呂場の様子を見せてあげてくれました。
後もう一人、男の人がいればお風呂に入れてあげることも出来たでしょうねぇ。

そんな感じで、ゆっくりしてきました。

夜のオムツ交換もほとんど心配なく、(お漏らしの失敗もなく)
父はゆっくり寝てくれたようです。私も。(^_^;)
3時ごろ、だんな様と母が様子を見てくれたようで、私は夢の中。

翌日、10時ごろチェックアウトを済ませ、ゆっくり帰宅してきました。

お昼ごろ家に着いて、皆一眠りのはずが夕方まで寝てしまって、
夕食は、いつもの天丼を取って、手抜きさせてもらいました。

母は、「もう旅行に行けると思わなかったよ。ありがとう。」って言ってくれました。
それから、なんといっても父が嬉しそうに笑ってくれたが、私にとって一番の思い出です。

いろいろ心配したけれど、思ったよりも楽でした。
今回は、ホテルの部屋がバリアフリー仕様じゃなかったけれど、
そういったホテルや旅館を利用すると、まだまだ旅行も行けそうです。
と、ちょっと自信が付きました。(*^^)v




  ・・・・・・。しかし、なんだぁ。全然平気ジャン。と思ったのも束の間。。。(~_~;)
  神様は私にまた試練を与えてくれました。。。。。(ToT)

*****************  Information  *****************

 ←← ちょっと無理したのかなぁ。。。とかなり反省してます。。
[PR]
by elunar | 2006-09-20 17:27 | お出かけ
家族旅行 >>