父は三度の脳梗塞で、全失語・車いす生活に。まだまだ辛い事が多いけれど、小さな日々の回復は、大きな幸せです。。
by elunar
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
お気に入りブログ
アスタ マニャーナ、また明日!
てづくりさんぽ
パパは認知症 fair ...
老いるとは?
母は・・・介護2
59才 バツイチ男の介護...
TALES OF DREAM
* excite 外部リンク *
カテゴリ
全体
これまで
車いすお出かけリスト
介護
病院
お出かけ
お義母さん
お義姉さん
仕事
リフレッシュ
家族
私のこと
MEMO
未分類
以前の記事
2008年 07月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


父の癇癪
昨日、デイサービスの温泉から帰ってきたら、あまり機嫌がよくない。

心配になって、昼間の様子を電話で聞いてみた。

「お昼間は、とてもにこにこと穏やかに過ごされましたよ。
ただ、帰り際に送りの車の時間までに、少し時間があったので、
少しご気分が悪くなったみたいですね。」

それだぁ。

父は、待たされるのが大の苦手。
第一段階:いらいらし始める。
第二段階:「ぬぅぅ」と言いながら、左手をぶんぶん。左足をどんどん。
第三段階:声をかけてくれる人を凄い顔でにらみ、左手を振り上げる。(叩こうとはしない。)

こんな感じ。(~_~;)

でも、待たないといけない時は、仕方が無い。放置するしかない。
声をかけると、余計、いらいらが増幅する。


父の癇癪は、【感情失禁】から来るもので、
父の気持ちそのものじゃないから、仕方が無い。





その後のお着替えが、大変。

怒って、怒って、着替えさせてくれない。

「お父さん、ちょっと待ってね。パジャマに着替えるよぉ。」

15分の格闘の末、着替え終了。
お布団をかけて、出来上がり。

ここまで来て、やっと静かになった。





どうも、パジャマに着替える前に、一旦一休みしたかっただけみたい。

父は、自分のやりたいことが通じない時は、いつもこんな感じです。

(^_^;)まいった。まいった。
[PR]
by elunar | 2006-02-19 10:40 | 介護
<< ひと休み。 おでかけ。(珍道中(^_^;)) >>