父は三度の脳梗塞で、全失語・車いす生活に。まだまだ辛い事が多いけれど、小さな日々の回復は、大きな幸せです。。
by elunar
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
お気に入りブログ
アスタ マニャーナ、また明日!
てづくりさんぽ
パパは認知症 fair ...
老いるとは?
母は・・・介護2
59才 バツイチ男の介護...
TALES OF DREAM
* excite 外部リンク *
カテゴリ
全体
これまで
車いすお出かけリスト
介護
病院
お出かけ
お義母さん
お義姉さん
仕事
リフレッシュ
家族
私のこと
MEMO
未分類
以前の記事
2008年 07月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2006年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧
帰宅の準備(2)
在宅介護の準備って、介護用品だけじゃぁないんです。

私自身、だんな様と一緒に仕事をしているから、
昼間、父のお世話をしてもらえるところにお願いしないといけない。

デイケア(リハビリのある通所サービス)
デイサービス(カラオケやお風呂やレクレーションのある通所サービス)
ショートステイ(短期間での施設お泊り)

このスケジュールプランを立てなければいけない。

父の場合、自宅での入浴が不可能のため、お風呂対応の曜日を考えながら、
検討する必要があります。

ケアマネージャーさんと相談しながら決めるのだけど、
ショートステイの予約取りは、電話で、まさにコンサートのチケット争奪戦状態だそう。

うわぁ。。\(~o~)/
[PR]
by elunar | 2006-01-30 23:32 | 介護
介護実習
今、父がお世話になっている老健さんの介護師さんに、父の介護方法を教えてもらった。
ここに来る前に父が入院していたのは、東京でかなり有名なリハビリ専門病院。

そちらでも、随分介護方法を教わったんだけど、父の容態が随分良くなってきている事もあって、今の父の状態の介護方法を教わる事にした。

今日は、ちょうどトイレの方法を教わるのに、タイミングが良かったので、
介護師さんから、実践で教わった。

・・・・が、

お父さんの機嫌が悪くなってしまった・・・・・。
どうも、お通じの方だったから、嫌がっていたようだった。


こんな事で、自宅での介護大丈夫なんだろうか。。。。


不安度95%に、跳ね上がり状態です。
(~_~;)
[PR]
by elunar | 2006-01-30 23:18 | 介護
一時帰宅
介護用品の準備も整い、父に一時帰宅してもらいました。
思いのほか喜んでくれました。

「○○ちゃん、ありがとう。ありがとう。」
って、何度もありがとうって。
思わず、うるうる。
母も、泣いていました。
7ヶ月ぶりで、やっと帰宅できるのだから、本当に長かったと思います。

ポータブルトイレは、やはり使いづらそうですね。。
ベットは、気に入ってもらえたようです。

それにしても、最近の介護用品は、本当に使いやすくなっていますね。
車いすも、軽量型で動きやすいし、スロープも折りたたみ式です。


自宅は、病院や施設と違って、介護師さんや看護師さんがいないから、
なかなか思うように行かないかもしれないけど、
少しでも、居心地の良い状態にしていかなければ。

今まだ、不安が80%ですね。。
[PR]
by elunar | 2006-01-28 22:33 | 介護
準備が整いました。
介護用品が届きました。

ベット、ポータブルトイレ、車いす。
お父さんを自宅に迎え入れる準備が整いました。

ケアマネージャーさんが選んでくれたもので、かなり使い心地が良いです。
全て、ウッド調で、部屋にもマッチしています。

不安もあるけれど、早くお父さんの喜ぶ顔が見たいですね。

準備が整うと、「なんとかなりそう。」と、思ってしまうのは、
楽観的なんでしょうかねぇ? r(^_^;)
[PR]
by elunar | 2006-01-27 19:24 | 介護
ブログを開設しました。\(^o^)/
記念すべき、第一ページです。
[PR]
by elunar | 2006-01-24 00:51 | これまで
介護用品が届きます。
今度の木曜日、お父さんの介護用品一式が届きます。
この日は、会社を早退して、業者の方から説明を受ける予定です。

いよいよですねぇ。
少し緊張もしているけれど、「気負わず、慌てず、ゆっくりと」。

一応、前回入院していたリハビリ専門の病院で介護方法の指導を受けることが出来たので、「気負わず、慌てず、ゆっくりと」を、気をつけていれば、きっと大丈夫。
自分自身に、何度も言い聞かせています。(^_^;)
[PR]
by elunar | 2006-01-24 00:00 | 介護