父は三度の脳梗塞で、全失語・車いす生活に。まだまだ辛い事が多いけれど、小さな日々の回復は、大きな幸せです。。
by elunar
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
お気に入りブログ
アスタ マニャーナ、また明日!
てづくりさんぽ
パパは認知症 fair ...
老いるとは?
母は・・・介護2
59才 バツイチ男の介護...
TALES OF DREAM
* excite 外部リンク *
カテゴリ
全体
これまで
車いすお出かけリスト
介護
病院
お出かけ
お義母さん
お義姉さん
仕事
リフレッシュ
家族
私のこと
MEMO
未分類
以前の記事
2008年 07月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ボーダーラインの意識。
初めて父が、本当意味での家族介助を必要とした時、父は泣きました。
「おぉしだだなぁな。。(申し訳ないなぁ)」・・・・・と、泣き続けました。

お通じを失敗してしまった父の体を拭いてあげながら私は、
「そんな事ないんだよぉ。当たり前の事なんだよぉ。家族なんだからねぇ。」
と、言うだけでした。
父は、「おぉしだだなぁな。。(申し訳ないなぁ)」・・・・・と、顔をおさえて泣き続けます。


まだ元気だった頃の父は、きれい好きで自分の弱い部分を人に見せたことが無くて、
人に迷惑をかけることが嫌いな人だっただけに、
きっと父の心の負担は大きいのだと思います。


「介助する側とされる側」
いつの間にかそこに存在する「ボーダーライン」のようなもの。
父がこの「ボーダーライン」を意識すること無く、毎日の生活が送れるますように。



--------------------
 
↑車いすでも楽しくお出かけがしたいから、皆さまの温かい情報をお待ちしています。


ブログランキングに参加しましたぁ。
ご協力お願いいたします。(^_^)
[PR]
# by elunar | 2006-04-14 13:29 | 介護
お出かけリスト情報ページ出来ました。
車が大好きだった父。

2005年6月に、脳梗塞で倒れて車椅子の生活になってしまった父。
もう、一緒にお出かけできないと諦めていました。。。

でも、以外と福祉に優しい施設がたくさんあることを知り、
でもその反面、無防備に行動できないことにも気が付きました。。。。(/_;)

「車いすでも楽しくお出かけができるよに」、
情報密度の濃い「車いすのお出かけマップ」なるものを作りたいなぁ。と
漠然と思っていたけれど、

独りで作るにはあまりにも寂しく途方なこと。。。

それなら。。。ブログを通じてたくさんの人たちと一緒なら出来るかも。(^_^)

福祉に関わる人たちとともに、福祉に関する情報を
一緒に作って行きませんか?

皆さま、どうぞご協力お願いいたします。\(^o^)/

 
↑こちらからお入りください。皆さまの情報をお待ちしています。



--------------------

ブログランキングに参加しましたぁ。
ご協力お願いいたします。(^_^)


[PR]
# by elunar | 2006-04-14 00:18 | お出かけ
ご協力、お願いしまするぅぅ。\(^o^)/
車が大好きだった父。
脳梗塞で倒れて車椅子の生活になってしまった父。
もう、一緒にお出かけできないと考えていました。
でも、以外と福祉に優しい施設がたくさんあることに気が付きました。

車いすでも楽しくお出かけができるよに、一緒に情報収集しませんか?

**** みなさんからの情報のご提供方法は? ****

1.ご自分のブログやWebサイトに、情報を掲載してください。
 ・情報収集日
 ・施設名
 ・オフィシャルサイト(ない場合は住所)
 ・福祉用トイレの有無(手すり 手洗い場)
 ・エレベーターの有無(大きさ 基準は車いすの幅)
 ・スロープ
 ・アスタリスク印(最高10個 **********)
  満足度を示します。
 ・コメント
 ・その他

2.elunarのブログに訪問していただいて最新投稿のコメント欄に
  あなたの情報掲載サイト(ブログ)のアドレスを掲載してください。

3.elunarが、あなたのサイト(ブログ)に訪問して、情報を収集に参ります。

4.お礼。もし、あなたがランキングに参加されている場合は、
  ぽちっとクリックさせていただきます。
  ランキング参加されていない方は、よろしければelunar
 つたないコメントを・・・・。(^_^;)

でも、きっと、とてもハッピーになれること間違いなしです。
(*^_^*)

どうぞ、どうぞ、よろしくお願いしまぁぁぁす。。\(^o^)/
[PR]
# by elunar | 2006-04-13 00:04 | 車いすお出かけリスト
ノア、お嫁に来ました。(*^_^*)
会社の駐車場に届けてもらいました。
思ったより落ち着いた色合いです。(*^_^*)

f0050903_22515913.jpg


左の赤い車は、今日までお世話になったスパシオです。
こちらの車は本日、会社の男の子のところにお嫁入りしました。

彼は、免許取立て1週間なので、自宅の駐車場まで助手席に同乗して、
ノアの運転は、だんな様にお任せしました。

今週の土曜日、深川のお不動さんに行って、お札を貰ってきます。
父と母も一緒に行く予定なので、またお出かけ報告いたしますね。
f0050903_230123.jpg



こうして上から見ると大きさの違いが。。。(^_^;)

ノアさん、これからよろしくお願いします。
[PR]
# by elunar | 2006-04-12 23:41 | お出かけ
あした。。
ノアが来ます。

福祉仕様車です。

緊張してます。。。。\(><@)/

今のより30cm長いです。

たった、30cm。

でも、怖い。


なぜ、こんなに怖がっているかと言うと、
スパシオ・・・・・・・。

こすっちゃいました。(~_~;)

左後ろ。
タイヤのあたり。ヽ(´_`;)ノうぅぅぅ。。

うちの駐車場に、別の人が駐車していて、
いつもと違う場所に入れようとしたら・・・・・・。

どん。
がら。
がりがり。
ばりばり。
どすん。

ぎゃわゎゎゎ。。。。(TロT;)やってしもぉぉたぁ。

母が、お花の防御策に積んでいたブロックにぶち当ててしまった。。。

。。。゛(ノ><)ノ びぇぇぇぇん。
だんな様に怒られる。。。



こんな事で、ノア。
乗れるのかしらん。。。。゛(ノ><)ノ
[PR]
# by elunar | 2006-04-11 21:44 | お出かけ
疲れが。。。(^_^;)
金曜日にお休みしたつけが回ってきました。

仕事量。どぉぉぉぉ。。。

それと、昨日お出かけした疲れが。。。。(^_^;)

お昼休み、机で10分寝ました。

会社の女の子が、毛布をかけてくれた。。。

なんて優しい子なんだぁ。。感涙(/_;)
[PR]
# by elunar | 2006-04-10 13:55 | 仕事
母のお迎え。
今日は、父の従兄弟の息子さんの結婚式でした。
父の代わりに母が大役を務めます。

朝10時半ごろ、母を見送り、家の用を済ませます。

父は、案の定なかなか起きそうにありません。
今日も寝て過ごすのかなぁ。。。(^_^;)
ちょっと、刺激しておこう。
寝ている父の横で、
私:「おとぉさぁん。昨日はすごかったねぇ。ちゃんと歩けてるんだもん。
  すごいよぉ。がんばったねぇ。」
父:「おんおん。また、てれてって?」
私:「うん。わかった。一緒にがんばろうねぇ。」

でも、まだ起きそうにないなぁ。
しばらく寝かせておこう。と二階で洗濯物を干していると、
下から、ガタンゴタンと物凄い音が。
やばい。お父さんが倒れたんだ。
慌てて降りてみると。

父がベットから降りて、立ったまま車いすを引っ張って乗ろうをしている。
ぎょぇぇぇ。ヽ(゚□゚;)ノ
「おとぉぉさん、一人で立っちゃ駄目ぇぇぇ。」
心臓ばくばく。

う。。。ほめすぎた。自信が付き過ぎた。心臓ばくばく。

でも、何事もなくてよかった。ほっ。。。

しばらく、ばくばくしている心臓を、押さえつつ、父と一緒にブランチを終えました。




しばらく、くつろいでいると。

だんな様:「よしっ!!。お母ちゃんを迎えに行くぞ。」
私:「あっ、いいねぇ。行ってみよぉ。」

三人で、母のいる浦安のウェディングガーデンまで行くことになりました。
あらかじめ出かけられるように、昨日準備していたので、
父のお出かけグッズは完璧。(*^_^*)

道中車内で、父のST(言語リハビリ)用に作成したCDでカラオケ大会。
父も、おぉぉ。んんっぅぅ。とほんの少し声に出してくれました。

f0050903_21282727.jpgウェディングガーデンに着いて、
駐車場で車から降りて少しゆっくりする事に。
写真を撮っていると、
スタッフの方が声を掛けに来てくれました。
左の写真は、スタッフの方が撮ってくれました。



スタッフ:「今日は、お約束ですか?それともご披露宴の方の?」
だんな様:「あ、披露宴の方です。○○家側の親戚の者です。」
スタッフ:「それはおめでとうございます。よろしければエスコートいたします。」
私:「あ、大丈夫です。こちらで待たせてもらいます。」
スタッフ:「よろしければ、ロビーでおくつろぎください。」

と、父の車いすを押して頂いて、玄関の横のお庭の中のスロープを案内してくれました。

素晴らしい!!_(゚▽゚*)_))なんて素晴らしい対応なの?

ロビーでは、珈琲まで用意してくださいました。
お支払い無しです。(^_^;)いいのかなぁ。。。


f0050903_2129369.jpg
写真は、ロビーのちょっと変わった椅子。
お花の形をしています。
パット見椅子に見えない。(^_^;)



ロビーに案内されて直ぐ、父をトイレに誘導しました。
トイレも綺麗な福祉用のトイレ。
素晴らしい!!_(゚▽゚*)_))

ほっとした父は、大きな方の用も足してくれ、間一髪。
うんちグッズも準備していて良かった。ほっ。(*^_^*)

f0050903_2149462.jpg
母を迎えに行くつもりだけだったので、
お祝いを何も準備していませんでした。
だんな様:「お祝い用のお花を作ってもらって?」
スタッフの方は、急な事なのに短時間で対応していただきました。
写真は、作っていただいたお花です。
なんだか、スタッフの方全員コンシェルジュみたいです。

父は、このお花をお祝いに渡すことが出来ました。
だんな様気が利くなぁ。えらい。(゚▽゚*)

披露宴が長引き、結局2時間近くロビーで待つはめに。
でも、披露宴会場の説明をしてもらったり、写真を撮ったり、
父も癇癪を起こすことなく、時間を過ごしてくれました。

そうこうしているうちに、親戚の方々がちらほら出てきて、
「おぉぉ。」と、父から声をかけて、何人かと話しも出来ました。
懐かしい顔に、父も嬉しそう。




帰りは、だんな様がホテルのバイキングディナーに連れて行ってくれて、4人でお食事。
今日は、お出かけたくさん出来ました。(*^_^*)

ホテルは、スタッフの方々の対応が本当に素晴らしい。
トイレも必ず福祉用のトイレが準備されていて、
ベルボーイの方も、車まで丁寧に誘導してくれて、父も安心して外出できます。

今日は、だんな様も大活躍でした。

お母さん、大役ご苦労様でした。
お父さん、いっぱいお出かけお疲れ様でした。
だんな様、今日はたくさんありがとう。

(*^_^*)elunarもいっぱいごくろうさん。
[PR]
# by elunar | 2006-04-09 21:34 | お出かけ
ブログわいわい
ヽ(^m^*)ノうぷぷ。

最近、ブログ賑わっていますねぇ。

楽しいぃぃ。たのしいぃ。ヽ(^m^*)ノ

こうして賑わって、情報交換できて、アイデア交換できて、
何よりストレス解消できて、
ブログはじめた当初の、私の目標はクリアー。

予想以上。\(^o^)/わぁぁい。

みんな良い人たちばかり。
いいことだぁ。

ブログランキング・・・・・。
うずうず。やりたいなぁ。。

って、やっぱやめときまっす。

ブログの前から離れられない生活に舞い戻ってしまうではないか。。。。

((( \\((@o@))// )))

今日も私は、皆さんのランキングアッパーとして、
がんばるぞぉぉ。

※q(^‐^*)/※ファイトォオオ!!※\(*^‐^)p※ チアガール♪
[PR]
# by elunar | 2006-04-09 10:19 | リフレッシュ
おうちリハビリ
昨日から父は、寝てばっかりです。。。(~_~;)
朝から全然起きてくれません。

この間の水曜日、病院リハビリに行ってから元気が無いような気がします。
諦めてしまったような、気力がなくなったような、
そんな感じです。

きっと病院リハビリのPT(運動療法)とOT(作業療法)が
無くなったせいだと思います。

病院リハビリが無くなったことで、
「自分はこれ以上よくならないのだ・・・・。」
と、諦めてしまったのじゃないか、
そんな心配が頭をよぎります。

それでも、夕食に作った餃子と、母が買ってきたお刺身を
たくさん食べてくれたので、ほっと一安心です。(*^_^*)

台所で洗い物をしながら、父に話しかけてみます。

私:「おとぉさぁん、右手随分動くようになってきたねぇ。
  夜は、ぐぅぅっと、右手開いて動いているよぉ。
  今リハビリ止めるのもったいないねぇ。」

父:「おぉぉ。うんうん。てれってて?てれって?」

連れてってって言ったのかなぁ?
リハビリに行きたいのかなぁ?

洗い物を終えて、もう一度父に話しかけてみる。

私:「おとぉさぁん、ちょっと練習してみよぉかぁ?」

足のリハビリ用の右足の装具と杖を出して、父に見せてみる。

父:「おぉぉ。うんうん。」

(゚ー゚*).。oO(おっ、調子良さそうだなぁ。これなら装具を付けても怒りそうに無いなぁ。)

私:「じゃぁ。装具つけてみるね。靴も履こうねぇ。」

隣でテレビを見ていた、だんな様が、
「よしっ、父ちゃん。やるぞ!!ベット片付けろ。」

(゚ー゚*).。oO(うふふ。だんな様のってきたなぁ。。)

ベットをずらせると、部屋いっぱいに取り付けた「手すり」が現れます。

だんな様:「よしっ、父ちゃん。ここでやるぞ。手すりを持って立ち上がるぞ、いっちにぃさん。」

私:「おぉぉぉぉ。お父さんすごぉぉい。自分で立てたじゃん。すごいすごい。」

よく見ると、手すりを持っていない。
私:「(((( *≧∀)ノノノキャーッ♪ すごいすごい。おかぁさん、来て来て。」

母:「お父さんすごい、すごい。立ててるよ。お父さん写真とってやるよ。」

母は、カメラを持って来て証拠写真を撮るのに必死です。(^_^;)


右足も、自力で出すことが出来た。
今まで、後ろで先生に支えてもらってじゃないと出来なかったのに。
本当にすごいことだ。

病院に頼ることないのかもしれないなぁ。

自宅がリハビリ場だぁ。\(^o^)/
[PR]
# by elunar | 2006-04-08 19:49 | 介護
話し。
父が、何かを話してくれる。

父:「あななな。。。。だだだだ。あななな。。。」

左手を大きく振って、明らかに何かを伝えたいよう。

私:「なぁに?お父さん、ゆっくり、ゆぅぅっくり、話してみて?」

父:「あななな。。。。だだだだ。あななな。。。」

私:「ん?わかんないよぉ。あは。。。」

父:「だはっ。。。」

諦めてしまった父。(^_^;)

私:「お父さん、今度はわかるようにするねぇ。」


テレビ付けて。
着替えしたい。
トイレに行きたい。
ベッドを上げて。
寒い。
体を拭いて。
おやつ食べたい。
珈琲のみたい。
お腹すいた。
肩が痛い。

父の動作の中で、理解が出来る事、少しずつ増えてきた。

会話といえば、私の言うことに、「うんうん」「おぉぉぉ」と反応してくれる。
けれど、父の伝えたいことは、何だろう。。。。
何とかできる方法は、ないものか。。。

文字盤、全くだめ。
絵カード、全くだめ。
何か、方法。。。探してみよう。

でも、言葉の中に、「elunarちゃん。」と言う単語が聞こえたような。。。
気のせいかもしれないけれど、。(^_^;)
[PR]
# by elunar | 2006-04-08 14:04 | 介護
父の様子
今朝、父は起きる気配がない。。。
どうしたのだろう。

少し前の、右肩の脱臼の時の同じような感じ。

けれど今日は、癇癪を起こさないし、ただ寝ているだけ。

どこか痛いのかな?
体がだるいのかな?

どこか痛いなら、病院に連れて行きたいけれど、
意思の疎通が出来ない・・・。

心配で、家に電話してみた。

母:「大丈夫だよ。今寝てる。朝からご飯も食べてくれない。」
声にはりが無い。

駄目だ、今日は早く切り上げて家に帰ろう。
[PR]
# by elunar | 2006-04-07 12:34 | 介護
びりびり
左のおしりのあたりが、びりびり・・・・・。
坐骨神経痛、(歳だぁ。(^_^;)
治らないなぁ。びりびり・・・・。

夜中におむつ交換していると、びりびり・・・・・。
あわせて腰も・・・・・。

ヘルニアでないように、コルセット忘れないようにしなきゃ。

これまで、自分の事を書いていないことに、
ふと、気が付いた。
カテゴリ、増やしました。(^_^;)
[PR]
# by elunar | 2006-04-07 07:24 | 私のこと
肩ぽんぽん だんな様編。
夜遅く帰宅した、だんな様。

「ふぅぅ。。。疲れたぁ。。」

最近、私の帰宅時間が早いため、私が出来る仕事量は、激減。(~_~;)
客先アポが、ほとんど無理となってしまった。

やたらにお客様との打ち合わせに参加してしまうと、
いざと言うとき、返ってお客様にご迷惑をかけてしまう事になりかねない。。
必然的に、私の仕事がだんな様と他の皆にシフトしていく。

私が担当している仕事は、だんな様でも対応可能。
けれど、だんな様が担当しているのコアな仕事は、他の誰も担当できない。
だんな様の代役が出来る人は、皆無。。。
難しい仕事をこなしている。
それに加えて仕事も増えてきた。

嬉しい悲鳴だけれども、だいぶ負担がかかっているんだなぁ。。

私:「疲れた?」
だんな様:「疲れたよ。仕事量が半端じゃないよ。」
私:「そっかぁ。。」

だんな様の背中、ちょうど肩と肩の間あたりをゆっくりポンポンと叩く。

私:「elunarの気を入れてあげたよ。大丈夫、elunarは招き猫だから、うまくいくよ。」
ヽ(^m^*)ほら吹きelunar。

だんな様:「大丈夫だよ。こなせない量じゃないよ。」

頼もしいなぁ。
でも、明日から
今の私に出来そうな仕事をちょっと増やしてみるかな?
[PR]
# by elunar | 2006-04-06 23:00 | 仕事
病院リハビリ
今日は、病院リハビリの日です。
先週お休みをしてしまったので、2週間ぶりのリハビリです。

PT(運動療法)とOT(作業療法)は、医療法改正のため3月で終了してしまったため、
ST(言語療法)のみなので、時間は午後4時からと遅めです。

しかし、今日は雨。。。(T_T)
車いすの父を車に乗せるのに、雨だと悲惨だなぁ。。

母:「一日くらいリハビリやんなくても平気だよ。」
私:「仕事忙しいしなぁ。。。」
二人で自分勝手な事を考えています。(^_^;)

だんな様:「家でゴロゴロしてたら駄目になるから、リハビリ行ってきな。」
私:「そうだねぇ。おとぉさん、今日は夕方からリハビリに行くよ。」
父:「あ?へぇぇ。いだだだだ?(リハビリ?)おぉぉ。」
私:「大丈夫、行かれる?」
父:「おぉぉ。だだだれるん?(誰と行くの?)」
私:「elunarとお母さんとで連れてってあげるね。」
父:「おぉぉ。うんうん。」




取り合えず、午後1時半まで仕事をして、2時頃帰宅しました。

私:「お母さん、お父さんどぉ?」
母:「お父さんすごいよ。全然寝ないで、自分でリハビリ靴の準備をやってるんだから。」
私:「えぇぇ。ほんとぉ?すごい。お父さんもリハビリに行きたいんだね。。」
頑張り屋さんの父は、やっぱりリハビリをやりたいんだなぁ。




病院のSTのリハビリも、医療法の改正で様変わりしました。
3月までは、数名でグループを組んで、ボール投げをしたり、歌を歌ったりしていたのですが、
4月からは取りやめです。

それでも、先生のご配慮で、父と母と私、先生で父のリハビリに参加しました。
はじめは、先生と父、1対1でのお勉強方式。
その後、軽く運動、いちにぃと、悪くないほうの足を座った状態で持ち上げます。
言語のリハビリの時間なので、悪いほうの足はリハビリしないのですが、
父は、その悪いほうの足も左手で持ち上げて、いちにぃと一生懸命リハビリをしようと
頑張ります。。゜(T^T)゜。うぅぅ。。感動ぉ。

言葉の方も今日ははっきりと、「よしっ」と聞こえました。

父は今日も、たくさんがんばりました。
[PR]
# by elunar | 2006-04-05 20:53 | 病院
刻々と迫りくる時間。
今日は、父と母二人そろってのデイサービスの日。
いつもの予定だと、午後3時には帰宅して二人の帰りを待ちます。
しかし、今日はそうは行きませんでした。(T_T)



午後1時ごろ
「まだ、1時間くらいあるなぁ。最近、決算処理など仕事が立て込んでいることもあるし、
 この仕事もやっておこう。出来る時にやっておかないとなぁ。。」
と、別の仕事に取り掛かかりました。




午後2時15分過ぎ、作業が終わったので、納品作業に取り掛かります。

「これから、サーバーに10分で納品してお客様に報告すれば、余裕で帰宅できる。(^_^)」

FTPで、Webサーバーに納品分のコンテンツをアップロードすると、
ファイルが半分くらいアップできない。あれ?
何度試しても駄目。

「ん?もしかして、Webサーバーがパンクしかかってる?」
サーバー情報を確認すると案の定。

!(゚ロ゚;)あちゃぁぁ。。。どうぉすべ。

「とにかく、お客様に指示を仰がなければ。。う。。。時間が。。。」

≡ヽ(;゚〇゚)ノあせあせ。




お客様に連絡して、コンテンツを少なくする方法に決定。
そのための修正作業に取り掛かかります。
時間は、午後2時45分
ヾ(゚ロ゚* )ツあせあせ。

お客様にWeb上で確認していただいて、OKのお返事をいただきました。
無事納品完了。

ε- (´∇`*)>ホッ。良かったぁ。

時間は、午後3時5分
やばい。≡ヽ(;゚〇゚)ノあせあせ。

デイ施設に電話して、遅くなることを電話しよぉ。と
電話をかけると、既に出てしまった後。

やばい。家に電話だ。ヾ(゚ロ゚* )ツあせあせ。

ぷるるる。

私:「あ。お母さん?ごめん。。。デイの方、大丈夫だった?」

母:「大丈夫だよ。たぁのしかったよぉぉ。」

私:「ほんとぉ?よかったぁ。」

母:「こっちは、大丈夫だから、遅くなっても平気だよ。」

私:「え?ほんとぉ?助かる。。まだ、もう少しかかりそうなの。。。」

母:「大丈夫だよ。しっかり仕事してきな。」

私:「うん、ありがとう。」

あぁぁ。良かったぁ。大丈夫そうだぁ。ε-(´ー`;)

午後5時まで、電話サポート、経理処理としっかり仕事させてもらいました。





「おかえりい。」と出迎えた私を見て涙していた母は、何処へ。
元気になった証拠だなぁ。(^_^;)

心臓ばくばく、ちょっと寿命縮んだ。
[PR]
# by elunar | 2006-04-04 21:15 | 仕事
麻痺側の右足
日曜日の昼間、母が父のトイレ介助をしている姿を、後ろからそっと見守っているときの事。
麻痺側の右足を父自身で動かすことが出来たのです。
たった一歩だったけれど、これはとても大きな感動と進歩です。

リハビリで4点杖を使って、歩く練習はすれども、
自力で右足を出すことまでは出来ず、
先生に右側の腰を持ち上げてもらって、やっと右足の一歩が出るような感じです。

普段私が行っている介助の方法も、左足を軸にして父の肩と右足の膝を持ってターンをします。

母の介助だと、父も一生懸命、母をサポートしようと必死に動こうとしている様子があって、
あ、これは凄い発見だなぁ。と感心しました。(*^_^*)

私:「あっ、おとぉさん、右足が動いたよぉ。すごいすごい。」

父:「おぉぉ。しっしだだ。。(必死だよぉ。)」

母:「お父さん、すごいねぇ。やったじゃん。」

うふふ。夫婦愛だなぁ。(*^m^)v
[PR]
# by elunar | 2006-04-03 15:17 | 介護
足湯
父は、自宅での入浴が不可能です。
なので、デイサービスに出かけない日曜日は、足湯をします。

母に、背中や腕お腹あたりを念入りに拭いてもらっている間、
私は足湯の準備をします。

先月のはじめ頃、だんな様に連れて行ってもらった「湯の里」で見つけて
「あっ、これでお父さんに足湯してあげたいね。」と、
思わず買ってきた足湯専用のバケツが大活躍。
ゆっくりと足が浸けられるように、普通のバケツよりも2・3倍大きな構造になっています。

このバケツに半分くらいお湯をはり、父の両足をゆっくり入れてます。

「あちゃちゃちゃ。。おぉぉぉ。」と、父も気持ち良さそう。(*^_^*)

ふくらはぎから足の裏、指の間を念入りにタオルでこすりながら、
足の状態のチェック。

 右足に少し浮腫みがあるなぁ。。
 爪はまだ大丈夫だなぁ。
 
麻痺がある側の足は浮腫みやすいので、足湯は効果的です。

母も、「あんなに気持ち良さそうに笑ったの、お父さん久しぶりだねぇ。良かったねぇ。」

家族みんながこうして笑っていられる事が、一番良いことだ。
(゜-゜=)(。_。=)(゜-゜=)(。_。=)うんうん。
[PR]
# by elunar | 2006-04-02 21:07 | 介護
お花見
母が告別式に行っている間、だんな様が花見に連れていってくれました。
(*^_^*)

ドライブ&お散歩がてらに、ふらっと近くの千本桜まで足をのばしてきました。
満開で、見事なお花に、父も満面の笑顔。(*^_^*)

f0050903_1746515.gif

[PR]
# by elunar | 2006-04-02 17:47 | お出かけ
急な出来事
親類にお葬式が出来て、母とだんな様がお通夜に出かけることになったので
今日は、父と二人でお留守番。

お通夜は、父のお父さんの実家なので、
父も「うたたった。(行きたかった)」と、話している。

「お父さん、明日の告別式、お線香だけでもあげに行く?」

お父さんは、無言で首を振ります。
行きたいけれど、行くことが出来ない。

厳密に言えば、告別式に車いすの父を連れて行く事自体は、可能な事。
けれど、難しい。
元気だった父を知っているたくさんの人達が集まる所に
父を連れて行くのは、父にとっても、とても酷な事だ。。。

でも、行きたかったと言う父の気持ちを思うと、やっぱり悲しい。。(ノ_・。)

その代わり、だんな様がしっかり父の代役を果たしてくれた。
その事には、父はとても喜んでくれた。
[PR]
# by elunar | 2006-04-02 00:00 | 介護
6月のスケジュール調整
6月のスケジュール調整をするために、ケアマネージャーの「うぅさん」が来ました。

父が、新しい場所のショートステイを嫌がったということもあって、
ショートステイのプラン作りに困惑してしまう。(~_~;)

私:「お母さん、どうしよう。お父さんのショートステイどう組もう。」
  ~(゚-゚;)))オロオロ(((;゚-゚)~

母:「大丈夫だよ。お母さんがお父さんに話すよ。
   これから10年20年、長い期間お父さんを見て行かないと行けないんだから、
   皆が続けられるように、やっていくより他無いんだよ。」

私:「おぉぉ。お母さん頼もしいぃ。」(゚▽゚*)_))

うぅさん:「おかぁさん、強くなりましたねぇ。随分良くなった証拠ですねぇ。」

母:「そうだよ。elunarちゃんは、心配症なんだよ。」

うぅさん:「そうですよ。elunarさん、お母さんにお任せしましょぉ。」

私:「はいぃ。」(゚▽゚*)_))

すごい。頼もしいなぁ。元のお母さんに戻ってきた。(*^_^*)

プランは、うぅさんの推奨もあって、前のショート先と今回のショート先の2箇所で、
月に2回のペースでプランを組みました。
プランが組めて、一安心。
[PR]
# by elunar | 2006-03-30 08:13 | 介護
ショートステイ先から
昨夜、残業で遅めの帰宅後、母とだんな様との3人で、
お土産に頂いた葛餅をお茶うけに、しばし談笑。

母:「ショートステイ先から、電話があったよ。「帰りの送り時間は、10時50分です。」って。」

私:「あぁ。そっかぁ。お父さんの様子は何か言ってなかった?」

母:「ちょっと帰りたいみたいに言ってたって。」

私:「あぁぁ。。そっかぁ。帰りたいんだねぇ。」

母:「大丈夫だよ。慣れるよぉ。」

(゚∇゚*)おっ?

おぉぉぉ。すごい、いつもならここで、「お父さんがかわいそうだよぉ。」と、泣いていた母。

(T▽T*).。oO(進歩したなぁ。)
[PR]
# by elunar | 2006-03-28 10:45 | 介護
はじめてのショートステイ先
昨日から父は、2週間ぶりのショートステイです。

初めての場所と言うこともあってか、嫌がりが出た。。(T_T)
お着替えも、寝ながら着替えようとがんばっている。。
でも、寝ながら着替えられるわけがなく、仕方なく起き上がってお着替え完了。
すると、また、泣きながら横になる・・・・。
「行きたくないよぉ。」とわんわん泣いている。

だめだぁ。(;o;)。。。
~\(_ _ )/~ お手上げ。。

あぁ。。。。だめだぁ。今回のショートステイは失敗だなぁ。
月末・決算、来週の仕事をどう乗り切ろう・・・・。困ったなぁ。。(T_T)

父が泣き出してしまったので、仕方がない。ヽ(T_T;)ノ
諦めて、しばらく自分の部屋で片付けを始める。



1時間ほどたって、様子を見に下に下りると、父が起きている。
だんな様に話しを聞くと、気合いを入れてくれたそうだ。
「家で寝てるばっかりじゃ、リハビリにならないだろう。がんばれよ。」と。

「とうちゃん、しばらくベットの側で布団はね上げて、寝たいなぁ。って顔してたけど、
 しばらく、じっと考えて、「よし行くぞ」と自分でハンガーにかかったジャケットを
 ばっと取って自分で着ようとしてたよ。えらいよ。」

おぉぉ。流石だんな様。すごい。説得してくれたんだぁ。(*゚∇゚*)

そうこうしている内に、お迎えが来て来ました。
お迎えが来ると父は、急いで玄関に出ようとします。(^_^;)
いつもこうならいいんだけど。
それにしてもお迎えが10時50分と少し遅めで良かったぁ。


********
今度のショートステイ先は、家から歩いていかれる距離で送迎があります。
父が、この場所に慣れてくれれば、一番いいのですが。(^_^;)
ここなら、母もいつでも会いに行かれるし、
だんな様も母もこちらに切り替えたいと言っているし。

父が慣れてくれますように。人(T T*)
[PR]
# by elunar | 2006-03-26 17:18 | 介護
運がいっぱい付きました。(^_^;)
※お食事中、おやつ中の方は読むのをお控えくださいませぇ。(^_^;)※

朝、デイサービスに行く父の準備をほとんど終え、
二階の自分の部屋で仕事に行く準備をしていた時の事。

だんな様:「おぉぉい。elunarぁ。早く来てぇ。」と大きな声。

慌てて、「呼んだぁ?」と下に下りていくと、母が父のおトイレ介助中。
母:「elunarちゃん、お父さん、うんちしちゃったよぉ。」

父はトイレの便座に座りたいが座れないと言った具合に半べそ状態。
よく見ると父の足元と便座、おろしたジャージには、
ほやほやのウンチがどっさり。

ヽ(゚□゚;)ノ ぎょわぁぁぁ!!

慌てて母と交代。

私:「お母さん、おしり拭きたくさん持ってきてぇ?それから新聞紙。
  それからタオルと温かいお湯を準備して?」
右手に使い捨てゴム手袋をセットしながら、母に準備のお願いをする。

私:「おとぉさぁん、大丈夫だよぉ。きれいにしよぉねぇ。」と
気持ちを落ち着かせながら戦闘開始。

先ず床と便座に落ちたものをおしり拭きでふき取り新聞紙に移動、
それから父のジャージにこびり付いたものをおしり拭きでふき取り、
足やおしりも丁寧におしり拭きで拭き、その後仕上げに温タオルで拭き、
ゆっくりと便座に座らせる。

私:「おとぉさぁん、もう大丈夫だよぉ。お着替えしよぉねぇ。」

その状態で汚れた衣服を全て脱いでもらって、タオルをしいた車いすに移動してもらい、
きれいな洋服に着替え。

ちょうど、洋服を着替え終わった頃お迎えが、ピンポーン。
父は、何もなかったように、ニコニコとデイサービスに行きました。
ε-(´ー`*)フゥー

母に話しを聞くと、トイレに行ったもののウンチのタイミングに間に合わなかったらしく、
母が父のジャージを下ろした瞬間、
母の右手の上には柔らかくて温かいものが落ちてきたと。
その後父は、一度外したタイミングを阻止することも出来ず、
立ったままの状態で全てを終えたとの事でした。

ありゃぁぁ。。。。。

私:「おかぁさん、大変だったねぇ。。」

だんな様:「立ったままよく出来るなぁ。まるで動物園の象さんのようだったよ。」

母・私:「へっ?・・・・・・」
しばし沈黙。

母・私:「ぎゃぁははははははは。」_(≧◇≦)ノ彡バンバン
母:「お父さんに、いっぱい運をつけてもらったよ。まったくもぉ。」

母は、笑いながらご立腹してました。(^∇^)ノ彡☆
[PR]
# by elunar | 2006-03-24 21:43 | 介護
今日はお任せ。(*^ー゚)v
今日は、病院リハビリの日。
会社の方が忙しいと言うこともあって、母と次男義姉さんにお願いしていた。
介護タクシーのお迎えの時間も確認して、オムツと念のためのお着替えの準備もOK。
お姉さんのお休みは、毎週水曜日と言うこともあって、今日は早めに来てくれる。

「お母さん大丈夫?気をつけて行ってきてね。」
「大丈夫だよ。お母さん、もう一人でもやってるんだから平気だよぉ。」

さすが母上様、頼もしいぃ。(^_^;)


お陰で3時過ぎまで、じっくり仕事が出来た。
夕方少し早めに退社して、買い物をして帰った。
みんなが帰ってくるまで、夕ご飯の準備をして待つ。

「トイレは大丈夫かなぁ。」
「ちゃんとタクシー迎えに来てくれたかなぁ。」
と、あれこれ心配している内に、タクシーの音。
「あっ、帰ってきた。おかえりぃ」
「お母さんお疲れ様ぁ。お姉さんありがとう。お父さんがんばったねぇ。」

「あぁぁ。疲れたぁ。でもちゃんとやれたよ。」
「おぉぉ。すごい。おかぁさんがんばったねぇ。」

皆でお茶を飲みながら、リハビリの時の様子を話してもらった。

「トイレも、お母さんがやったよ。」
「えぇぇ???お母さんがトイレさせたの?」
「お父さん座ってくれないから立たせてやったよ。」
「え????立って?
 きゃははぁ、そりゃお母さんじゃぁないと出来ないねぇ。_(≧▽≦)ノ彡☆」


そっかぁ。おトイレもお母さんがさせたんだぁ。
お母さんもがんばってるなぁ。(^-^)
うんうん。大きなトラブルも無くて良かった。

私にとっては、お父さんを病院に連れて行く大変さを共有してもらった事が一番大きいなぁ。
(*^ー゚)v えへ。
[PR]
# by elunar | 2006-03-22 22:12 | 介護
さすが夫婦。(*^_^*)
夕食を食べて、パジャマにお着替えをして、ベットに横になってしばらくすると、
父が何かを訴えはじめた。

「あなな。。。おおぉぉん。」
「お父さん、なぁに?のどが渇いたの?」

「おおぉん。だぁ。。」
「違うの?テレビ見たいの?」
「おおぉん。うぅぅ。。。」

だめだぁ。これじゃぁ癇癪おこしてしまう。
お母さんに聞いてもらおぉ。
「お母さん、お父さんが何か言っているんだけど、わからないの。。」
部屋で休んでいた母に、父の部屋に来てもらった。

母:「お父さん、何?どうしたの?ちゃんと言いな?」
父:「おおぉん。あぁぁ。」
母:「寒いの?エアコンつける?」
父:「おん。おん。」
母:「はい。付けたよ。もう無理言わないで寝な。」

すっすごい。!(゚▽゚*)あれだけで判ったんだぁ。さすが夫婦。
「おかあさん、すごぉい。すごぉい。ありがとう。」

でも、父が寒がっているのが気がつかなかった。
動いている私は反対に暖かいと感じていたけど、
動いていない父にとっては、寒いんだなぁ。

体感温度が低くいのは、頭で理解はしていたものの、実際には判っていない。。。
父の理解度、まだまだだなぁ。(^_^;)
[PR]
# by elunar | 2006-03-20 22:55 | 介護
父の回復
ここの所、父の意識レベル?(精神面)が、かなりしっかりして来た。
話しのキャッチボールが出来ているし、父自身、自分から何かしようと一生懸命。

今日は、自分で電気ひげそりを探して、自分で剃っている。
すごい。\(^o^)/

でも今朝、天井の方を見上げて一生懸命、腕を伸ばして私に何かを訴える。
何だろう?
「お父さんなぁに?カレンダー?神棚?」
一つ一つ探してみる。

失語症のある父にとって、父が感じている気持ちを汲み取ってあげるほかない。
一つ一つ触ってみる。

「神棚?さかき?あぁ。さかきが萎れているから?」
「そっかぁ。」
「おぉぉ。おぉぉ。」

やっと、私が理解できて父も満足そう。
父自身も、自分で動こうとする意欲が出てきた。(*^_^*)
[PR]
# by elunar | 2006-03-19 11:11 | 介護
父と母の同時受診。(^_^;)
昨日に引き続き今日は、父の脱臼しかかった肩を見てもらうため近くの整形外科に行ってきました。
この病院は、救急病院にもなっているため設備もしっかりしていて、先生の評判もなかなかのもの。
なので、込み具合は最悪です。(^_^;)

でも、幸い歩いて2・3分の距離なので、父も車いすでそのまま行かれます。
母が朝7時半から、順番を取るため並んでいてくれたので、5人目でした。
¥(*^_^*)

母も術後の経過を見てもらうため同時に順番を取って、父と母同時に診察してもらいました。

父の脱臼しかかった肩は、もう殆ど大丈夫です。
母の右ひざの術後の経過も良好。
先生にも、「うん、成績優秀ですよ。」のお言葉をもらえた。




昨日に続いての病院だったから、ちょっとお疲れモードです。(^_^;)
[PR]
# by elunar | 2006-03-18 16:22 | 病院
やっと、検査結果を。(^_^;)
母と一緒に、父を病院に連れて行ってきました。
2月13日に脳のMRI検査を受けた結果が、今日やっと聞けます。(^_^;)

院長先生の受信日は、さすが込んでる。
11時の予約のはずが、終わったのは12時半。(T_T)

でも、今回はあらかじめ、「お父さん、今日の診察は待たせるるよぉ。だいじょうぶぅ?」と、
前置きを何度もしていたせいか、癇癪はなかった。

ほっ(*´∇`*;△

待たされている間、2回のトイレ誘導。
途中一回は、うんちでした。
念のため、ゴム手袋とオシリふきを入れておいて良かったぁ。
ゴム手袋があると、さっと作業が出来て、とても楽ぅ。
ε- (´ー`*)>

でも、昨日出てなかったから、トイレの中で大喜び。(*^_^*)
いっぱい出来ました。◎にじゅうまる。


検査の結果は、まずます良好。
コレステロール値も、血糖値も正常値。
でも、注意しないといけないのは、動脈が少し詰まりそうな部分がチラホラ。
水分補給は、重要だなぁ。

父はお水の飲んでくれないのが難点。。。。
どうにかならないかなぁ。。。。(T_T)
[PR]
# by elunar | 2006-03-17 17:05 | 病院
久しぶりの病院リハビリ
今日は、久しぶりの病院でのリハビリでした。
前回のリハビリから、1ヶ月ぶり。
PT(足)・OT(手)・ST(言語)続けて2時間のハードスケジュール。

どの部門からも、とてもいい評価がもらえた。\(^o^)/
特に、言語のリハビリは、前の病院の時に比べると、本当に良くなった。

言語の方は、先生との一対一の授業のようなリハビリが苦手だった。
漢字の読み取りは、全くと言っていいほど出来なかったのに、
今日は、はっきり、しかもパッと出来た。

「おぉぉぉ。お父さん、すごいすごい。」\(@^o^)/
「おぉし。おぉし。」と、お父さんも得意そう。




前のリハビリ専門の病院のソーシャルワーカーに言われたこと、
「うちの病院のリハビリは、最終段階にまでもって行きますので、
 これ以上の回復は望めないです。」

去年の12月に退院して3ヶ月が経った。
退院当初より、父の状態は確実に良くなった。

それは、家族の皆が一番良く知っている。

明らかに回復が見られるようになったものは、
1.テレビが見られるようになった。
2.こちらの言うことに対しての理解度がアップした。
3.会話のキャッチボールが出来るようになった。
4.右手が少し動くようになった。

家に帰って来た事が、一番いい刺激になったのかもしれないなぁ。

少しでも、父に進歩がみられたら、
「すごぉぃ。すごぉぃ。お父さんできたねぇ。」
と、ほめてあげる。
否定するような言葉は、言わない。これは、私の鉄則。(*^_^*)

明日から、家でも少しリハビリの真似事をしてみよぉ。
[PR]
# by elunar | 2006-03-15 22:16 | 病院
デイサービスの温泉の日
今日は、父の大好きな「○○の湯」と言う温泉タイプのデイサービス。
この日ばかりは、出かける前から待ち遠しそう。

朝、「○○の湯」のスタッフの方から、「8時40分頃にお伺いします。」と、電話があった。
父は、8時半になるとそわそわそわそわ。(^_^;)

ぴんぽぉぉん。チャイムが鳴ると、
「おぉぉぉぉ。」と、一生懸命玄関に行こうとする。

「おっおとぉぉさん。危ないから待ってねぇ。」
慌てて、準備をして、見送り。

「いってらっしゃぁい。」
「おぉぉい。」
父は、元気にデイサービスに出かけました。(*^_^*)




涼しい顔をして、もくもくと朝ごはんを食べているだんな様と、
「今は、いい時代だねぇ。介護保険に感謝しなきゃぁ。」と、話しながら、
仕事に出かける準備です。




夕方


デイサービスから帰ってくる父を迎えるため早めに帰宅して、
父と母と、三人で早めの夕食。
父がいる日の夕食は、5時頃。(^_^;)
夜中にお腹すいちゃうなぁ。

夕食後、いつものパターンで、珈琲を飲んで一休みして、パジャマにお着替え。
リハビリパンツから、夜用のオムツに取り替えようとしたら、
「えうえないああ、やや。(眠れないから嫌だ。」
あれ??

・・・・・あぁぁ。。。。夜のオムツ交換のたびに、起こされるのが嫌なんだなぁ。

母にその事を話すと、夜2回朝1回でいい所を、
母は、気にして2時から2時間おきに交換していたようだ。
あらら。。。がんばりすぎだぁ。(^_^;)
とりあえず、もう一度説明して、夜の2回は私が担当し、
朝5時半の交換だけ母にお願いした。

それから母の提案で、リハビリパンツを切って尿とりパットの代わりに使ってみる事にした。
母の話だと、この方が使い心地がいいようだ。
試しに、一度やってみようぉ。




そんなこんなで、平穏な一日を終え、父はベットでお休み中。

今日は、だんな様も帰りが遅いようだし、私も会社に戻らずゆっくり休もうぉ。
(*^_^*)




次男義姉さんから、電話があった。
「あれ?elunarちゃん、帰ってたの?仕事は?」
(゚ロ゚;)~ガーン。oO(父がいる日って知っているはずだし。。。)

普段、父がいる日は、早めに帰って父の面倒みてるって事がわかってないんだなぁ。。。。
(~_~;)
[PR]
# by elunar | 2006-03-14 19:09 | 介護