父は三度の脳梗塞で、全失語・車いす生活に。まだまだ辛い事が多いけれど、小さな日々の回復は、大きな幸せです。。
by elunar
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
お気に入りブログ
アスタ マニャーナ、また明日!
てづくりさんぽ
パパは認知症 fair ...
老いるとは?
母は・・・介護2
59才 バツイチ男の介護...
TALES OF DREAM
* excite 外部リンク *
カテゴリ
全体
これまで
車いすお出かけリスト
介護
病院
お出かけ
お義母さん
お義姉さん
仕事
リフレッシュ
家族
私のこと
MEMO
未分類
以前の記事
2008年 07月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


雨にも負けず、風にも負けず、
 
 ☆言いたい事を言えて、いやみにならない。
 
 ☆言いたい事を言われて、さらりと返せる。

そういふ聡明な人間に、

私はなりたい。






いつの事だか。。。

先ず、強くならないとねぇ。r(^_^;)
[PR]
# by elunar | 2006-02-16 11:52 | お義姉さん
お手伝いに。
夕方、二番目の姉さんから、心配の電話。

「○○ちゃん、仕事の方は、大丈夫?明日と明後日手伝いに行ってあげるから、
夜までちゃんと仕事してきていいよ。」

(T_T)う。。素直に嬉しい。。。。
せっかくなので、素直に甘えよう。。

実は、ここの所、仕事のトラブル続きで、ちょっぴりパニクリ状態だったので、
よけいに嬉しかった。

今日は、私が担当した2月1日に納品が終わったばかりの代物が、
お客様の操作ミスで、ぶっ壊れた。

慌てて、家から直接電話対応して、なんとか修復。

・・・・・。これから、こんな事が何度あるだろう。。。(~_~;)あわわ。

なので、明日と明後日は、
お姉さま、なにとぞよろしゅうお願い申し上げます。
 ひらに。ひらに。

二番目の姉は、保母さん。
任せて安心。\(^o^)/
[PR]
# by elunar | 2006-02-14 18:51 | お義姉さん
わがまま
父のわがままが、出始めた。(~_~;)

オムツ交換は、21時・24時・5時半のパターン。

昨日までは、「おぉぉ。おぉぉ。」と、言いながら嫌がりながらも、
オムツ交換させてもらえたのに、
夕べは、「ぬぉぉぉぉ。」と、本気で嫌がる。

あちゃ。。。。
先が思いやられる。(~_~;)

オムツは、ライフフリーの何度でも付け替え可能なオムツに、
尿とりパットを、4枚ほど使う。
入院中の看護士さんに教えてもらった方法で、
おしっこの出るところを三角にくるんで、後は十字に2枚つける。
お父さんの場合は、右を下にして寝るので、右の方にももう一枚、
計4枚使う。

この方法なら、パットを取り替えるだけで済むので比較的楽なんだけど。。。。


言うこと聞かないと、換えないぞ!!ぷんぷん(ーー;)
[PR]
# by elunar | 2006-02-14 06:41 | 介護
ただいま。。。
病院から帰ったら、会社に行こうと思っていたのが、疲れて行く気がなくなった。。。
このまま休んじゃえ。。

こんな事で、会社大丈夫なのか。。。

心配して、だんな様に電話したら、「こっちはテンパッテンだ!!」ガチャ。

こっちも、大変だったのにな。。。。

こんな風にして、段々不満とストレスと疲れがたまっていくのかなぁ。。。

泣き言。(T_T)
[PR]
# by elunar | 2006-02-13 16:42 | 病院
今日は、検査の日
温泉のデイサービスをお休みして、病院検査です。
奮闘してきます。(^_^;)
[PR]
# by elunar | 2006-02-13 06:47 | 病院
初めての癇癪
夕飯を食べて、トイレに誘導した後。
トイレの中で癇癪を起こした。

父は、癇癪を起こしながら、トイレの中で靴を脱ぎ始め、ズボンまで脱ぎ始めた。

「だめだめ、ここじゃまだお着替えできないよ。」
と、ズボンを履かせると。余計機嫌が悪くなった。

仕方がないので、靴とズボンだけ脱がせ、やっとの思いで車いすに誘導し、
ベットでパジャマに着替えさせる。

いつものごとく、「おいしょ。おいっしょ。」と掛け声をかけながら、
父の気をそらせながら、着替えをさせる。

オムツのせいか、背中やおなかをしきりにかきむしっている。

かゆみ止めの薬を塗って、やっとの思いで、なだめながら夜用のオムツを付ける。

「おいしょ。おいっしょ。お父さんもうちょっとだからねぇ。がまんしてねぇ。」
パジャマのズボンを上げて完成。

ふぅ。。。。
今日は、ご機嫌ななめだったなぁ。

大好きな天ぷらを、おあずけ食ったかかな。
[PR]
# by elunar | 2006-02-11 20:20 | 介護
ショートステイ終了
15時半ごろ、だんな様と迎えにいくはずが、
急なトラブル対応のためパソコンの前から離れられない。。。

仕方がないので、不安になりつつ独りで迎えに行く。

父は、待ちくたびれた様子でフロアで待っていた。

「あってたたおぉ。。。」(待ってたよぉ。失語症があるのでこんな風に聞こえます。)と、
待ちくたびれた様子。

「ごめんごめん、遅くなっちゃったねぇ。」
慌てて帰り支度の準備にかかる。

既に介護士さんが準備してくれていたので、
介護士さんと車まで父を誘導。
車いすから車に載せるところまで介護士さんが付き添ってくれたので、
問題なく車に載せることができた。

父は、右半身に麻痺があるので、左手だけで車に乗りあがる。
この時、手作りの手すりが役に立つ。

手すりは、ホームセンターで購入したチェーンを適当に切ったホースに通して、
輪っかにして、車のシートの頭の部分に引っ掛けただけのもの。
市販の車用の手すりもあるけれど、これが一番いい。

車に乗りあがる時は長めにして、座っている間は短めにする。

この手すりがあると、カーブでの踏ん張りが利いて、転ぶことがなくなった。

問題なく、父を家まで送り届けることができた。

ほっ。。
[PR]
# by elunar | 2006-02-11 20:11 | 介護
ハンディキャブ
近くにある社会福祉協議会に、ハンディキャブを見てきた。
車いすをそのまま載せられるタイプの車を無料で貸してもらえる。
http://www.edogawa-shakyo.jp/shougaisha_handycab.html

父を病院に連れて行くとき、利用させてもらおぉ。
軽だし、私にも運転できそうだ。
[PR]
# by elunar | 2006-02-11 10:44 | 介護
ショートステイ期間中です。
ショートステイが始まりました。^_^;
かなりほっとしています。
土曜日までの4日間、しばしの休息です。
[PR]
# by elunar | 2006-02-09 11:19 | 介護
リハビリ
主人と母と4人がかりで父を病院に連れて行きました。
病院に連れて行くだけで結構重労働です。
^_^;
病院内で、2回ほどトイレ誘導。
車いすから便座に座らせるまでの介助もかなり大変です。

これから毎週1回は、病院までリハビリに連れて行かなければいけないです。
仕事との両立が難しくなりそう。。。(~_~;)
[PR]
# by elunar | 2006-02-07 11:20 | 介護
帰ってきたとたん。。。
今日は、初めてのデイサービスの日なので、少し早めに仕事を切り上げて帰宅。

夕ご飯の支度をしていると、
台所の窓から、父と母を載せたデイサービスの車が帰ってきたのが見えたので、
急いで、お出迎えすると、母が急に泣き出してしまった。。。

デイサービスの方で、何かあったのかと心配したら、

デイサービスから帰る時間が予定よりも随分早くなったので、
私がまだ帰っていないと思ったらしく、
車いすのお父さんをどうやって家に入れようか。と心配してしまって、
「○○ちゃんの顔を見たとたん、涙が出てしまった。」と。

「頼られているんだなぁ。」という思いと、
なんだか母がとても小さくて可愛く思えてしまって。
ちょっとウルウル
[PR]
# by elunar | 2006-02-06 22:37 | 介護
デイサービス
今日は、はじめてのデイサービスの日です。

父は、要介護3(変更申請しているので4になるかも(^_^;))
母は、要支援。
なので、今日はふたりでデイサービスに出かけました。

大きな温泉のある施設で、とても綺麗なので気に入ってもらえるといいのですが。
少し心配です。
今日は車いすの利用者が多いため、朝車で送ってきました。

母も、昨年の11月に膝の手術をしたため、リハビリ中です。
「温泉の中で、少し足を動かしたり、温まったり。楽しみ。」と、言っていたので、
母の方は大丈夫だと思います。

父は、右半身に麻痺があるから、湯船に入れるかどうか。
心配。
[PR]
# by elunar | 2006-02-06 13:12 | 介護
はじまります。
2月4日土曜日

無事、父が帰宅しました。

不安なのは、私がやる介護の方法が父に合うかどうか。
それから、「かんしゃく」。
それから、夜中のおむつ交換

感情失禁があるため、イライラがつのると、「かんしゃく状態」になってしまう。
この状態になると、父は抑えがきかない。
病気がそうさせるため、父自身ではどうしようも出来ないし、
まして、周りの人間では、なおさら。
しばらく、そおぉっと、してあげる他ならない。

でも無事、土曜日曜の二晩は、機嫌よく過ごしてもらえた。

先ずは、ほっと一安心
[PR]
# by elunar | 2006-02-06 12:56 | 介護
脳梗塞、発症から。(3)
脳梗塞の再発。

今まで以上に大きな梗塞が起きてしまった。。。。

担当の先生から、
頚動脈にあった大きめの血栓が、左脳で詰まってしまったとの説明があった。
左脳の脳圧が上がってしまっている。
「命の危険も考えられる。」との説明に、動揺してしまった。

先生から、
「血圧が上がっている母に、今この話を聞かせないほうが良い。」と。

母に話せない不安と、父が助かるかどうかの不安が、入り乱れ交錯する。

・・・・続く
[PR]
# by elunar | 2006-02-01 23:47 | これまで
脳梗塞、発症から。(2)
6月25日土曜日の朝。

病院で父の付き添いをしている母から、慌てて電話が入ってくる。
「お父さんの様子がおかしいのよ!!」
急いで主人と病院に向かう。


ベットで、ぐったりと動かない父。
様子がおかしい。

担当の先生が来てくれ、話を聞く。
「先生、容態が急変するような事はないですよね?」
もう一度、先生に念押ししてみる。

私のその言葉に、慌てた様子で、月曜日に撮るはずだったレントゲンを至急撮ることになった。

・・・・結果は。

・・・・・続く。
[PR]
# by elunar | 2006-02-01 23:29 | これまで
脳梗塞、発症から。(1)
昨年の、6月13日。
仕事を終え、主人と帰宅したのが、夜10時半過ぎ。

帰宅すると、直ぐ母が、「お父さんの様子がおかしいのよ。」と、
慌てて部屋から出てきた。

直ぐ、二階にいる父の様子を見に行く。

父は、「右手に力が入らないんだよ。」と、しきりに右手を気にしている。

母に詳しく話しを聞くと、
「夕ご飯の時、箸が握れず手でご飯を食べ初めてしまった。。」と、
父の様子がただ事じゃないと察し、
直ぐに救急病院に電話をして連れて行くことにした。

病院に着くと、直ぐに検査。
結果は、小さな脳梗塞でした。
1・2週間くらいで、リハビリを始めて、1ヶ月もすれば、退院できる。

・・・・・はずだった。


・・・・・続く。
[PR]
# by elunar | 2006-02-01 23:02 | これまで
いよいよ今週の土曜日からです。
今、不安が先に立ってしまっています。
[PR]
# by elunar | 2006-02-01 22:50 | 介護
帰宅の準備(2)
在宅介護の準備って、介護用品だけじゃぁないんです。

私自身、だんな様と一緒に仕事をしているから、
昼間、父のお世話をしてもらえるところにお願いしないといけない。

デイケア(リハビリのある通所サービス)
デイサービス(カラオケやお風呂やレクレーションのある通所サービス)
ショートステイ(短期間での施設お泊り)

このスケジュールプランを立てなければいけない。

父の場合、自宅での入浴が不可能のため、お風呂対応の曜日を考えながら、
検討する必要があります。

ケアマネージャーさんと相談しながら決めるのだけど、
ショートステイの予約取りは、電話で、まさにコンサートのチケット争奪戦状態だそう。

うわぁ。。\(~o~)/
[PR]
# by elunar | 2006-01-30 23:32 | 介護
介護実習
今、父がお世話になっている老健さんの介護師さんに、父の介護方法を教えてもらった。
ここに来る前に父が入院していたのは、東京でかなり有名なリハビリ専門病院。

そちらでも、随分介護方法を教わったんだけど、父の容態が随分良くなってきている事もあって、今の父の状態の介護方法を教わる事にした。

今日は、ちょうどトイレの方法を教わるのに、タイミングが良かったので、
介護師さんから、実践で教わった。

・・・・が、

お父さんの機嫌が悪くなってしまった・・・・・。
どうも、お通じの方だったから、嫌がっていたようだった。


こんな事で、自宅での介護大丈夫なんだろうか。。。。


不安度95%に、跳ね上がり状態です。
(~_~;)
[PR]
# by elunar | 2006-01-30 23:18 | 介護
一時帰宅
介護用品の準備も整い、父に一時帰宅してもらいました。
思いのほか喜んでくれました。

「○○ちゃん、ありがとう。ありがとう。」
って、何度もありがとうって。
思わず、うるうる。
母も、泣いていました。
7ヶ月ぶりで、やっと帰宅できるのだから、本当に長かったと思います。

ポータブルトイレは、やはり使いづらそうですね。。
ベットは、気に入ってもらえたようです。

それにしても、最近の介護用品は、本当に使いやすくなっていますね。
車いすも、軽量型で動きやすいし、スロープも折りたたみ式です。


自宅は、病院や施設と違って、介護師さんや看護師さんがいないから、
なかなか思うように行かないかもしれないけど、
少しでも、居心地の良い状態にしていかなければ。

今まだ、不安が80%ですね。。
[PR]
# by elunar | 2006-01-28 22:33 | 介護
準備が整いました。
介護用品が届きました。

ベット、ポータブルトイレ、車いす。
お父さんを自宅に迎え入れる準備が整いました。

ケアマネージャーさんが選んでくれたもので、かなり使い心地が良いです。
全て、ウッド調で、部屋にもマッチしています。

不安もあるけれど、早くお父さんの喜ぶ顔が見たいですね。

準備が整うと、「なんとかなりそう。」と、思ってしまうのは、
楽観的なんでしょうかねぇ? r(^_^;)
[PR]
# by elunar | 2006-01-27 19:24 | 介護
ブログを開設しました。\(^o^)/
記念すべき、第一ページです。
[PR]
# by elunar | 2006-01-24 00:51 | これまで
介護用品が届きます。
今度の木曜日、お父さんの介護用品一式が届きます。
この日は、会社を早退して、業者の方から説明を受ける予定です。

いよいよですねぇ。
少し緊張もしているけれど、「気負わず、慌てず、ゆっくりと」。

一応、前回入院していたリハビリ専門の病院で介護方法の指導を受けることが出来たので、「気負わず、慌てず、ゆっくりと」を、気をつけていれば、きっと大丈夫。
自分自身に、何度も言い聞かせています。(^_^;)
[PR]
# by elunar | 2006-01-24 00:00 | 介護