人気ブログランキング |

父は三度の脳梗塞で、全失語・車いす生活に。まだまだ辛い事が多いけれど、小さな日々の回復は、大きな幸せです。。
by elunar
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
お気に入りブログ
アスタ マニャーナ、また明日!
パパは認知症 fair ...
老いるとは?
母は・・・介護2
59才 バツイチ男の介護...
TALES OF DREAM
* excite 外部リンク *
カテゴリ
全体
これまで
車いすお出かけリスト
介護
病院
お出かけ
お義母さん
お義姉さん
仕事
リフレッシュ
家族
私のこと
MEMO
未分類
以前の記事
2008年 07月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


田舎の母から
田舎の母から、携帯に電話が入った。
遠くにいるだけに、私が考えている数十倍心配性の母。
それだけに、今まで心配かけるようなことは、あまり伝えなかった。

今回、父の入院、母の入院から引き続き、父の在宅介護に入ったこと、
知らせざるを得ない状態だったからなぁ。。。。。
やっぱり、いろいろ心配かけてる。。。

「elunarは、直ぐに根をつめるから、あまりがんばり過ぎないようにね。」
「うん、ありがとう。お母さん。
 でも、お父さんの介護の方は、大丈夫それほど大変じゃないよ。」
それからしばらく、母に話しを聞いてもらう。




田舎の母も、在宅介護の経験者。
お婆ちゃんは、私が、8歳の時に脳卒中で倒れて20年間の介護生活。
あの頃は、紙おむつもそれほど普及していなかったし、介護保険もなかった。
田舎の母がしてきた事を思うと、私のやっている事は、まだまだ楽な方だ。。。

寒い冬の朝、まだ皆が起きて来ないうちに庭先の水道でお婆ちゃんのオムツを洗っていた母の手には、ナイフで傷つけたような深いあかぎれの傷があった。。。

私が父の介護をそれほど大変だと感じないのは、
そんな母の姿を見てきたからかもしれない。





最近よく、田舎のお婆ちゃんが笑っている顔を思い出す。
思い出すと言うより、脳裏にふっと現れてくる。
その度に、お婆ちゃんに守られているような安心感が沸いてくる。
by elunar | 2006-03-11 01:35 | リフレッシュ
<< お手伝いに。 日曜日 >>